WEBライターに一番必要なスキルとは何だと思いますか?

それは、人を動かす文章を書くスキルです。アフィリエイトなどで収益を上げるためには、記事内に貼ってある広告をクリックしてもらうなど、商品購入へ誘導する必要がありますよね。

WEBマーケティングの世界では心理学が多く使われており、アフィリエイトなどでも心理学の要素がふんだんに含まれています。ネットに置いて、相手に行動を促すことに長けている人は、とても大きな結果を生み出しやすいです。今回は、スマホ一台で稼げるようになりたい人に向けて、WEBマーケティングに役立つ心理学について紹介していきます。

ウインザー効果

ウインザー効果とは、当事者が直接訴えかけるよりも、第三者からの情報の方が信ぴょう性が高いという効果のことです。自分で作ったものはいくらでも「良いね」「この商品最高だよ、今すぐ買ってよ」と言うことができるので、あまり信用できない部分があります。

そこで、口コミや評判など、第三者の情報を入れることにより、「他の人が良いと言っているのだから、この商品は期待できる」と、相手の行動を促すことに繋がります。記事などで上手に良い評判の口コミなどを入れる、そうすることでアフィリエイト紹介している商品がより魅力的に見えてくるというわけです。

両面提示 

これは、スマホで記事を書く時などに使えるテクニックです。両面提示とは、良いことだけでなく悪い情報についても開示することで、読者の信頼を勝ち取りやすくなろうというものです。

例えば、メリットだけでなくあえてデメリットも伝える。そうすることで「正直なイメージ」がつき、文章に強い説得力が生まれます。記事でメリットだけでなくデメリットも伝えたり、良い口コミの他に悪い口コミも載せたりするのは、両面提示の効果を狙ってのものです。

親近効果 商品をより魅力的に

親近効果とは、「最後に与えられた情報でその人の印象が決定されやすい」という心理効果のことです。最後に伝えたことの方が、印象に残りやすくなります。

例えば、「○○さんは頼りになるけど、運動が苦手なんだよね」「○○さんは運動は苦手だけど、とても頼りになる人だ」とでは、後者の方が何となく魅力的な人物に見えてくるでしょう。親近効果の使い方ですが、デメリットや注意点を伝えた後に、良い情報やフォローを入れるというやり方があります。

こうすることで、商品のイメージをあまり損なわず、魅力的に見せやすくなるのです。マーケティングに役立つ心理学を覚えることで、スマホ一台でも大きく稼げるアフィリエイターになることも不可能ではありません。ネットの世界でたくさんの人を動かす力を身につけたい、そんな時は読者を惹きつける心理学テクニックを勉強して行きましょう。