高画質な動画の撮影や撮影した動画を素材にし、商品として仕上げるには専門的な知識だけでなく、高価な機材がこれまでは必要でしたが、近年は動画用のカメラではなく、一眼レフカメラやミラーレス一眼の動画機能が大幅に向上した事や、スマートフォンでも高画質な撮影が可能になる等、高画質な撮影が簡単になっています。

それに伴い、動画撮影に適した機材が充実しており、より簡単に複雑なカットの撮影や編集が出来るような環境を構築する事が可能です。特にスマートフォンは撮影機材としてみると非常に小型なので、撮りたい時に素早く撮影する事が出来る点が利点と言えます。

動画をどの様にして副業として収益化するか。
これは「youtube」等といった動画共有のサイトにアップロードをし、動画に広告を入れる事によって収益化を目指す方法と、「shutterstock」等といった、動画に価格を付け、販売する方法があります。

youtubeの様な広告収入を目指す形の場合では動画の視聴回数が収入に大きく関わってくるので、撮影した映像のクオリティが映像制作レベルではなくとも、興味を持たれやすいコンテンツ制作が重要となってきます。スマホ1台で完結する事が出来るので、専門的な機材を必要とせずに即座に始められる点が良い点です。スマートフォンの編集用アプリもあるので、外出先で撮影・編集後すぐにアップ、というスピードを重視する場合には適した方法です。

shtterstock等に公開し、販売する方法を目指す場合にはスマートフォンやコンパクトタイプのカメラで撮影した物は許可自体が下りない可能性が高く、ビデオカメラや一眼レフ・ミラーレス一眼といった機材が必要になってきます。

高画質な撮影を行った後、編集作業を行い、販売の申請を行う というのが一連の流れです 良い点としては自身で値段をつける事が出来るので、販売される毎に大きな収入が得られる可能性がある。という事ですが、売れるまでには広告収入タイプとは違い、即座に収入が発生す。という方法ではないので、販売されなければ収入が発生しない。という点があります。スマートフォンと違い、撮影を始めるまでに準備が必要にはなりますが、本格的な映像制作で収入を得るには適した方法と言えます

また、スマートフォンでは高速通信を活かしてライブ配信等も可能なので、ライブ配信で収入を得る という事も可能です。カメラを使った撮影では本格的な撮影や編集を行い、大きな収入を得られる可能性もあります。高画質な撮影や編集作業が身近になった事で動画撮影を副業にする。という事は難しくなくなっています